2011年11月18日

今日のディスプレイ

毎日たくさんのお客様にご来店いただきまして、本当にありがとうございます。

キムジーウィンターストア東京、今日のディスプレイです。

IMG_0004.jpg

テーマは、初すべりでかぐらか浅間方面へ、朝一で午前中滑った後に、マウンテンバイクでそこらへん探索、1日スポーツだらけの週末。。。という気分でコーディネートしてみました。

IMG_0005.jpg IMG_0013.jpg

コーディネートに使っているこのバックパック、めずらしいデフロストコレクションのバックパックです。

IMG_0006.jpg IMG_0007.jpg

このバックパックもかなり初期の物ですが、とてもキムジーらしさが詰まったモデル。。

バックカントリーというスタイルが現在のようにポピュラーになるずいぶん前、当時ももちろん山を登り滑る、滑り登るというスタイルは、好きな人達が自己責任の範囲で楽しんでおられました。90年前半くらいですねー。

その頃ヨーロッパのキムジーでは、ロケーションの違いが一番の理由だと思いますが、広大なスキーエリアで基本的にだいたいの所は滑ってokという環境からとにかく速く長くそして自由に山を楽しむという事が大前提で、その為のバックパックも山登りと言うよりは、きれいなシェープで滑りでの動きやスピードを妨げないデザインを採用しました。

それがこのDEFROST BACK PACK Dと言うモデルです。Dという事は?もちろんABCDと異なるデザインや容量でリリースされてました、他のデザインは全くの完売ですが。。

写真の通り、例えばボードを担ぐ時のベルトはバッグの中にあり、滑る時は外にブラブラと出ない作り、担ぐ時だけサイドのファスナーを開けてボードを取りつけます。

IMG_0010.jpg

その他もいろいろと多機能、この頃のデフロストアイテムは、当時ライダーのピーターバウアーやジャンネルバといったキムジーライダーのアイデアがふんだんに採用されていて、きっとこんな考え方でこんなデザインになったんだろうなぁなんて、想像しちゃいます。

IMG_0012.jpg

とにかく思いっきり滑ってトラバースするとか、あそこだけは下りて行って最短距離を登り返して山道で仲間のモービルと落ち合うといった感じの時のバックパックでしょうか?実際ドイツキムジースタッフ達と滑りに行くと毎回そういう遊び方をしてました。。こっちは仕事なので装備などなく苦労しますけど(笑)

IMG_0002.jpg

昨日ご来店のお客様、お二人で表参道マラソンに出場するそうで、マローヤのスポーツトップスにキムジーのウエストバッグで決まり!との事、頑張ってくださいねー!!

明日は土曜日、初すべりに行かれる方も多いのかな?楽しんできてください。東京方面へお越しの際は、渋谷キムジーまでお気軽にご来店ください♪


IMG_0018.jpg 渋谷地図住所あり.jpg
CHIEMSEE TOKYO WINTER STORE 10月29日(土)−11月27(日)開催中です!


CHIEMSEE
お問合せ info@chiemsee.co.jp
カタログ





posted by Staff at 19:25| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック